ロレックス エアキング スーパーコピーとは?

デイトナやサブマリーナ、GMTマスターやエクスプローラーにデイトジャストなどがロレックス スーパーコピーの有名どころだと思います。

しかし、エアキングはいずれのモデルよりも早い1940年代にRef.4925として登場します。「航空業界へのオマージュ」というコンセプトで生み出されました。1930年代~1940年代は航空産業が急速に発達していた時代です。とりわけ二つの世界大戦は航空機の高速化や長距離移動を実現し、戦後も大量輸送を中心に発展を続けていったのはご存知の通りです。各時計メーカーからはパイロットウォッチや航空を賛歌するプロダクトが製造されるようになり、ロレックスでも「スペースキング」「コマンダーエベレスト」などといったモデルがリリースされていきました。

エアキングもまた、そんな時代の中で誕生した「航空業界へのオマージュ」であったと言うわけです。

2022年 新作モデル ロレックス エアキング スーパーコピー オイスター、40 mm

モデルケース:オイスター、40 mm、オイスタースチール

オイスター アーキテクチャー:モノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ

直径:40 mm

素材:オイスタースチール

ベゼル:スムース

ムーブメント:パーペチュアル、機械式、自動巻

ブレスレット:オイスター(3 列リンク)

ブレスレット素材:オイスタースチール

クラスプ:セーフティキャッチ付オイスターロック、イ

ージーリンク(約 5 mmのエクステンション

リンク)

ダイアル:ブラック

詳細:クロマライト ディスプレイ (青色発光の長

時間継続ルミネッセンス)

オイスタースチールの40 MMケース、オイスタークラスプ付ブレスレットと、特徴的なブラックダイアルを備えたエアキングは、初代ロレックス オイスターの航空の世界における伝統を受け継ぐ時計なのだ。

さらにエアキングは、現行ロレックスの中で最も古いペットネームを持つことでも知られています。

ペットネームとは、様々な定義がありますが簡単に言うと商品の愛称のこと。デイトナとかサブマリーナもそれにあたりますが、文字盤に表記され、ロレックス内での正式なモデル名となったのはエアキングが最初でした。
エアキングは誕生当初はオイスターパーペチュアルの一モデルでしたが、このペットネームがあるがゆえに「エアキング」としてのアイデンティティを確立していくこととなります。

【関連記事】:スーパーコピー 優良サイト 口コミ

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s